イケメン演歌歌手・辰巳ゆうと、「原点」の地・赤羽でデビュー後初ファンイベント

2018年5月13日14時49分  スポーツ報知
  • デビュー後初のファンイベントを行った辰巳ゆうと

 新人演歌歌手の辰巳ゆうと(20)が13日、東京・北区の公共施設「コトニア赤羽」で1月のデビュー後初のファンイベントを行った。

 赤羽は昨年2月に初めてストリートライブを行い、その後も歌い続けているゆかりの地だ。応募約300人から選ばれたファン100人の各テーブルをまわってトークを楽しむなど、至近距離で交流した。

 愛用のハンカチや調理用お玉など私物が当たるじゃんけん大会を開催。この日は母の日とあり、その場で手作りした「花」のバルーンアートをプレゼントして盛り上げた。最後は、デビュー曲「下町純情」や「赤羽ものがたり」などを熱唱した。

 現在は都内の大学に通う現役大学3年生のイケメン歌手として人気の辰巳。「自分の中でも赤羽は特に大切な町で、僕の歌の原点にもなっています。今日は、皆さまとの初めてのふれあいイベントでしたが、たくさんの方々とふれあわせていただいて本当にうれしかったです。充実した時間を過ごすことができて、忘れられない一日になりました」と笑顔を見せた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ