藤井聡太、史上最年少で七段昇段「ここまで早く昇段できるとは」ひふみんの記録61年ぶり更新

2018年5月18日21時30分  スポーツ報知
  • 対局後、船江恒平六段(左)と感想戦を行う藤井聡太六段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太六段(15)が18日、史上最年少15歳9か月での七段昇段を決めた。プロ入り(16年10月1日付)から1年7か月での到達は最速となる。「ここまで早く昇段できるとは思わなかった」と話した。

 この日、大阪・関西将棋会館で指された第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で、先手の船江恒平六段(31)を72手で破り、決勝に進出。これで4組への昇級が確定し、七段昇段規定の一つ「六段昇段後の竜王戦ランキング戦連続昇級」を達成した。師匠の杉本昌隆七段(49)に、段位で肩を並べ「なかなかすぐに実感が沸かないです」。

 四段はもちろん、15歳6か月での五、六段の連続昇段に続く最年少記録で、加藤一二三・九段(78)が1957年4月に達成した17歳3か月での七段到達記録を61年ぶりに塗り替えた。

 報道陣22社約50人が詰めかけた注目の対局。師匠の井上慶太九段(54)、同じ門下生の菅井竜也王位(26)、稲葉陽八段(29)が藤井六段に土をつけた“藤井キラー一門”の船江六段が相手だった。夕食休憩明け直後に船江六段が指した逆襲の一手に46分も長考したが、相手の攻めを受けきった後、余裕を持って相手玉に詰め寄った。

 藤井・新七段は、来月5日の石田直裕五段(29)との決勝で勝てば、羽生善治竜王(47)への挑戦権を争う本戦に出場する。「非常に大切な一局になります」と気を引き締めた。

将棋
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)