“オーロラ輝子”こと河合美智子、右半身不随も夫の決断に「かけてみたい」

2018年5月25日20時7分  スポーツ報知
  • 河合美智子

 25日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」(1996年)のオーロラ輝子役で人気を博した河合美智子(49)が出演した。

 河合は女優として活躍していた2016年8月に脳出血を発症し右半身麻痺となった。その後、闘病生活を支えた舞台俳優・峯村純一(50)と3年半の交際期間を経て結婚。24時間介護する夫と河合との美談は世間で大きな話題となったが、月15万円の住宅ローンで破産危機に陥っているという。

 河合は女優として人気を博していた頃に、約4980万円で東京・世田谷にマンションを購入。しかし、疾病特約がない保険に加入していたため、半身不随のため支払い能力がなくなってしまったがマンションのローンはそのまま残ることになってしまった。

 一方の峯村は舞台俳優として活動するも、そこで得る収入では食べていくことができずアルバイトで生活費を稼いでいた。しかし、河合を24時間介護するため退職。現在は河合と峯村の2人で演技指導のアルバイトをするなどで月25万円を稼ぐのがやっとだという。

 そのため夫婦はマンションを売ろうとなり査定してもらうことになった。河合は「残り10年のローンで1800万円」と希望したが、実際の査定額は大幅増の4200万円。うれしがる河合を横目に、夫・峯村は「売らない方がいい」と拒否。その理由は、俳優として自身の売り込み営業を行っていたことだった。「マンションは河合が女優として頑張ってきた証だから残したい」と峯村。この決断に、河合も「峯ちゃんの演技が好きなのでかけてみたい」と合意した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ