宝塚専科スター・轟悠が18年ぶりに挑む「凱旋門」が開幕「新たに作ろうという気持ち」

2018年6月8日18時25分  スポーツ報知
  • ベンチで恋人ジョアン(真彩希帆、左)の肩を抱くラヴィック(轟悠)
  • 劇中の緊迫の場面。前列左からハイメ(朝美絢)、ラヴィック(轟悠)、ボリス(望海風斗)

 宝塚歌劇雪組公演「凱旋門(がいせんもん)―エリッヒ・マリア・レマルクの小説による―」(脚本・柴田侑宏、演出&振り付け・謝珠栄)が8日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。

 4年ぶりの大劇場主演を務める専科スター・轟悠(とどろき・ゆう)が、2000年の雪組トップスター時代に文化庁芸術祭演劇部門優秀賞に輝いた代表作の再演。18年ぶりの時を経て、同じ役に挑んだ。

 各国の亡命者が身を寄せる第2次世界大戦直前のパリを舞台に、ナチスドイツから逃れ、潜りの医者として生きるラヴィック(轟)らの運命を重厚に描く。ラヴィックの友人でロシアからの亡命者ボリス(2000年版は香寿たつき)は雪組トップスター・望海風斗(のぞみ・ふうと)、ラヴィックの恋人ジョアン(同・月影瞳)はトップ娘役・真彩希帆(まあや・きほ)が務めた。

 新世紀版で、より深みを増した轟は「18年前よりはリアルな部分が幅広く出ているのでは。初演の時は、創意工夫に時間をかけた気がしますが、今回は『好きにして』とも言われているので、だいもん(望)、きーちゃん(真彩)と3人で、役を自然に作り上げていける。私の中では『新たに作ろう』という気持ちです」と、雪組の後輩との“コラボ”に自信をのぞかせた。

 一方、併演の「Gato Bonito! ~ガート・ボニート、美しい猫のような男~」(作&演出・藤井大介)は轟は出演しないが、望海を先頭に、激しく楽しい黒塗りのラテンショーを展開した。副題通り、猫をテーマにした作品で、いたる場面で出演者が猫の鳴き声を模したり、望海がコミカルに「黒ネコのタンゴ」を披露する場面も。パレードのシャンシャンは猫じゃらし風だった。

 7月9日まで。東京宝塚劇場では7月27日~9月2日。

宝塚歌劇
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ