•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

NHK籾井会長、スポーツ紙芸能記者の「アホーな」質問への楽しそうな答えの数々

2016年12月2日16時0分  スポーツ報知
  • NHK籾井会長

 テレビ各局では、月イチで社長会見、会長会見なるものが開かれている。読者のみなさんは当然、入る人なぞいないので、どんな雰囲気なのか知らない人が大半だろう。私はNHKを担当しているが、同局の籾井勝人会長の定例会見は、なかなか素晴らしい。

 就任当初には従軍慰安婦に関する問題発言があり、少し前にはNHKハイヤーを私的に使っちゃった疑惑、最近では受信料値下げをぶち上げてトン挫しちゃう問題などもぼっ発。いろいろハデな会長なので、一般紙を中心に会見での攻撃たるやすさまじい。一方で、スポーツ紙の私としては、問題追及の意欲なんて極薄。サツバツとした雰囲気を和ませるために、くだらない質問を心がけているのだが、そんなアホーな問いかけにも、籾井会長は楽しそうに答えてくれるのだ。

 例えば「米国でトランプさんが大統領になりましたが、親近感湧きますかあ?」と聞くと「え? 似てる? でも、そんな高圧的じゃないよ~」と軽いお答え。お風邪を召したときには「薬、何飲んでるんですか」と聞くと「龍角散ですよー」とニコニコ。脱線はなはだしい会話のやりとりを繰り返しているものだから、定例会見前には周囲の記者さんたちやNHKの広報さんらから「今日はどんなオモチロイことぶっ込んでくれるの?」と言われるのが恒例になってしまった。毎回ウケる質問なんて、できないってば…。

 そんなこんなで9月に行われた定例会見。12月いっぱいで解散が決まったSMAPについて「ぜひ、最後の花道は紅白で」なぞ言われるので、いつもの感じで聞いてみた。「じゃあ会長、直接出馬して、SMAP側を口説くなんてはどーすか?」。紅白の話題なんて、NHKが最もヒミツにする事項だ。情報はツユほども漏らさぬ赤ちゃんのオムツ状態なのを分かっていながら聞いてみたギャグ質問なのだが、返ってきたのは「私が出ていって済むならジャニー喜多川社長と直接話したい」。まさかのお言葉だった。

 注目を集めるSMAP関連だけに、この発言は各新聞、各週刊誌、各テレビ、各ネット媒体で駆け巡った。「会長からSMAP出場に厳命下る!」「NHK、SMAPに本気アプローチ」―。いやいや、ワタクシは声を大にして言いたい。この発言は、確実に籾井会長はいつものリップサービス、ノリで言っちゃっただけなのである。深~い思惑があっての言葉と思われがちだが、そんなことは一切ございません。

 まぁ、あまり相手を刺激せずに交渉したかったはずの現場のNHK職員は、寝耳に水で超困惑していたのは確か。実際に会長周辺の人々は、いろいろ大変なのは察しが付く。だが、イチ記者としては、見出しになる言葉を気さくに言ってくれる人には親近感が湧いてきてしまうのだ。お堅いNHKで、アホ質問におもしろく返してくれる会長なんて、歴代でもなかなかいなかったはず。人間的というか、飲み屋のオッサンとしゃべっているような愛きょうがある。

 籾井会長の任期満了は来年1月24日。続投するのかどうかが焦点となっているが(本人はおそらくやる気満々)、個人的にはぜひとも任期を延長してもらいたい。こんなこと書くとNHK職員からコラ何を余計なコト言うんじゃと叱られるでしょーけど…。ちなみに最近の定例会見、私の質問は「AKB48の推しメンは誰ですか?」で、答えは「メンバーの名前、あんまり知らないんだよ~。ゴメンね~」だった。(記者コラム)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ