•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

THEBOOM宮沢和史Jr.の氷魚、2世のイメージダウンに歯止めかけるか

2017年10月20日16時0分  スポーツ報知
  • 宮沢氷魚

 タレント・清水アキラ(63)の三男でタレントの清水良太郎容疑者(29)が11日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、20日には俳優・橋爪功(76)の息子で、覚醒取締法違反(使用)の罪で起訴された俳優の橋爪遼被告(30)の初公判が行われた。昨年8月のことだが、女優・高畑淳子(63)の長男で俳優の高畑裕太(24)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕=後に示談成立、不起訴=されたことも記憶に新しい。

 2世タレントの不祥事が続く一方、ブレイクを目指し、今クールの連続ドラマで俳優デビューを果たした2世もいる。14年に解散した4人組バンド「THE BOOM」のボーカル、宮沢和史(51)と日米ハーフのタレント・光岡ディオン(52)夫妻の長男でモデルの宮沢氷魚(ひお、23)だ。13日にスタートしたTBS系「コウノドリ」(金曜・後10時)に出演している。15年10月期に放送され、産科医療の現場を描いた作品の続編。宮沢は、研修医役で、綾野剛ら前作からのレギュラー陣に加わった。出演にあたって、先日、本人に話を聞いた。

 俳優や歌手志望の2世には、あまり親の話をしたがらない人もいるが、宮沢はあっけらかん。父から「初めてだから失う物はないし、全力でやって後悔だけはするな」と激励されたことや、「父には何度もオンエア日も伝えたけどすぐに忘れちゃう。週2ペースで『始まったか』って聞いてくる」と意外な? 親ばかぶりも明かした。

 一昨年から「メンズノンノ」の専属モデルを務めているが、“業界慣れ”した感じはなく、どことなくフワっとした印象を受ける。今回のドラマは医者の「2世」という役どころだが、TBSの鈴木早苗プロデューサーが「フレッシュで『ジュニア』というお坊ちゃま感や、のびのび育った雰囲気を、生来持ち合わせている」と説明したのが妙に納得できた。

 13日に放送され、宮沢が後半から登場した1話を見た。良くも悪くも初々しさが残る演技で、まだまだこれからとは思ったが、端正なマスクに184センチの高身長、インターナショナルスクール出身で英語がペラペラとあっては、やはり将来に期待したくなる。

 取材では「2世だからこそ、スタートダッシュでかなり得をしている」と自覚していた。その分、不祥事を起こせば親も含めて批判にさらされることも、さすがにわかっているだろう。“ダメ2世”が続出する芸能界だが、宮沢にはイメージを払拭する活躍を見せて欲しい。(記者コラム)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ