鈴木清順監督、93歳で天へ…美学貫いた映画界の「仙人」

01年9月「ピストルオペラ」でベネチア国際映画祭に参加した鈴木清順監督(中)と江角マキコ

2月23日 05:00

 「肉体の門」「けんかえれじい」などで知られる映画監督の鈴木清順(すずき・せいじゅん、本名・清太郎=せいたろう)さんが13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため都内の病院で死去した。93歳。葬儀・告別式は近親者で行い、妻の崇子(たかこ)さんが喪主を務めた。独特の色彩感覚は“清順美学”と呼ばれ、「ツィゴイネルワイゼン」(80年)はベルリン国際映画祭の審査員特別賞を受賞、国内外で高い評価を受けた。11年には48歳下の崇子さんとの再婚が明らかになり、注目を集めた。  続きを読む…

訃報・おくやみ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)