「麒麟」川島に長女誕生、安藤キャスターが名前公募提案「パンダもまだだし…」

2017年7月20日18時55分  スポーツ報知
  • 「麒麟」の川島明

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明(38)が20日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)の番組内で、第1子となる長女が誕生したことを明らかにした。

 川島は「一昨日の7月18日に娘が生まれました。3300グラムで、母子共に健康で感謝でございます」と低音ボイスで報告。するとMCの高橋克実(56)から「鳴き声も低音なんですか?」と突っ込まれると「呪われてるでしょ。赤ん坊の女の子でこの声、呪われているでしょ。お母さんに似てかわいらしい声でございます」と語った。

 名前については「まだなんですよ。本当に」と言うと、MCの安藤優子キャスター(58)が「募集しちゃう?」と提案。川島は「ここで? 一般公募候補?」と聞き返すと、安藤キャスターは「こないだのパンダちゃんもまだだし」と東京・上野動物園で誕生したパンダを引き合いに出した。

 挙げ句の果てには、同局の倉田大誠アナウンサー(35)から「麒麟にかけて動物の名前とか」と畳みかけられ、出演者から女児誕生を“手荒く”祝福されていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
おめでた
  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)