ソフト代表唯一のJK投手・勝俣は上野の後継者

気合を入れた表情で投球する勝股

9月5日 11:00

 ソフトボール日本代表が8月末に行われたジャパンカップで宿敵・米国を破り連覇を果たした。メンバー唯一の高校生、勝股美咲(17)=多治見西高=は1次リーグで米国に3発を浴び、悔し涙を流した。6月の東アジア杯・中国戦では、最速107キロの速球を軸に5回完全の先発デビュー。絶対的エース・上野由岐子(35)=ビックカメラ高崎=を継ぐ逸材と期待される17歳のひと夏の経験を追った。  続きを読む…

  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)