東京五輪たばこ問題にムツゴロウさん「暮らしの一部を奪われている」

かつては1日60本吸っていたという渡辺文学さん。禁煙活動に携わる現在は「愛煙家という言葉も死語にしたい」と話す

6月20日 12:00

 東京五輪パラリンピックの成功を見据えて、安倍晋三首相(62)は今年1月の施政方針演説で、受動喫煙対策の徹底を約束した。だが、厚労省が禁煙の強化策を盛り込んだ健康増進法改正案は、今国会で提出できず。分煙という代案を掲げて猛反発する自民党のたばこ議員連盟によって阻止された形だ。同省は今秋の国会に法案提出を狙うが、難航は必至。厚労省と自民党のバトルが続けば、五輪までに対策が間に合わなくなる恐れもある。(甲斐毅彦、樋口智城)  続きを読む…

  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)