オカダ・カズチカ、SANADA下し史上3人目のIWGPヘビー級王座V10!次の相手にオスプレイ指名

2018年2月11日0時0分  スポーツ報知
  • オカダ・カズチカ

 ◆新日本プロレス「THE NEW BEGINNING in OSAKA」 ▽IWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負 〇オカダ・カズチカ(32分12秒、レインメーカー→エビ固め)SANADA●(10日・大阪府立体育会館、観衆5481人札止め)

 メインのIWGPヘビー級戦で絶対王者・オカダ・カズチカ(30)がSANADA(30)を下し、10度目の防衛。棚橋弘至(41)の持つ同王座の連続防衛記録11にあと1と迫った。連続2ケタ防衛も永田裕志(49)、棚橋に続く史上3人目の快挙となった。

 オカダは場外でのDDTなど、勝負に徹したダーティーな戦いを展開。IWGP初挑戦となったSANADAの抜群のバネを生かした空中殺法や絞め技・スカル・エンド、掟破りのレインメーカーに苦しむ場面もあったが、最後はツームストン・パイルドライバーからのレインメーカーで仕留めた。

 試合後、リング上で「SANADAさん、手ごわかったよ。強かったけど、俺の方が何千倍も強いんだよ。コノヤロー」と絶叫したオカダ。「次は(新日本プロレス)旗揚げ記念日(大会)か。久しぶりにヘビー級のチャンピオンとジュニアヘビーのチャンピオンとでやりたいな。オスプレイとやるぞ!」と、来月6日、東京・大田区総合体育館大会での対戦相手に、この日、IWGPジュニアヘビー級王座初防衛を果たしたウィル・オスプレイ(24)を指名した。

 セミファイナルのNEVER無差別級選手権試合は王者・後藤洋央紀(38)が挑戦者・EVIL(30)を必殺のGTRで下し、初防衛。EVILはIWGPタッグとの2冠獲得を逃した。

 IWGPジュニアヘビー級選手権試合は、王者・オスプレイと挑戦者・高橋ヒロム(28)がともに目を見張る空中殺法と新技をぶつけ合うハイレベルな戦いとなったが、最後はオスプレイが必殺のオスカッターを決め、初防衛を飾った。

 内藤哲也(35)とYOSHI―HASHI(35)のスペシャル・シングルマッチは内藤が必殺のディステイーノ2連発で快勝。倒れたYOSHI―HASHIにツバを吐きかけ退場したが、ステッキを持った「鈴木軍」のタイチ(37)に襲撃される場面があった。

 この日の後半5試合はオカダ中心の「CHAOS」軍と内藤率いる大人気ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の全面対抗戦となったが、「CHAOS」が3勝2敗で勝ち越した。

 また、第3試合の8人タッグマッチ終了後には、真壁刀義(45)が鈴木みのる(49)の持つIWGPインターコンチネンタルヘビー級王座挑戦を要求。鈴木が受諾し、鈴木VS真壁のタイトル戦が決定した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)