中邑真輔、WWE王座奪取ならず…AJスタイルズへまさかの急所打ち暴挙

2018年4月9日12時40分  スポーツ報知
  • AJスタイルズ(右)を追い込んだ中邑真輔だったが(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 世界最大のプロレスの祭典WWE「レッスルマニア34」が8日(日本時間9日)、米ニューオーリンズのメルセデス・ベンツ・スーパードームで行われ、日本人スーパースターの中邑真輔(37)はWWE王者のAJスタイルズ(40)に挑んだが、王座奪取はならなかった。

 中邑とAJは、2016年1月4日に新日本プロレスの東京ドーム大会「レッスルキングダム10」で、IWGPインターコンチネンタル選手権を争っている(王者・中邑が、24分18秒、ボマイェ→エビ固めで防衛)が、世界最高峰の舞台で激闘を再現した。試合後には中邑がAJに急所打ちを仕掛ける暴挙に出て、ブーイングを浴びるまさかの結末となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ