桜庭和志、「QUINTET」の会見で緊急出場オファー、「聞いてないよ」と絶句も「田村さんに頼めば」と逆提案

2018年5月10日14時41分  スポーツ報知
  • 会見する(左から)中村、桜庭、所

 4月にスタートした新たな格闘技イベント「QUINTET(クインテット)」を主宰するプロレスラーの桜庭和志(48)が10日、都内で会見し、6月9日に東京・ディファ有明で第2弾となる軽量級大会「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO―Light Weight Team Championship―」を開催することを発表した。

 「QUINTET」は、打撃技がないグラップリング大会。1チーム5人の団体戦の勝ち抜き方式で行われ、4月11日に両国国技館で第1回が開催された。試合は12メートル四方のレスリングマットで行われ、勝敗はサブミッション、失神、失格のみでそれ以外は引き分けとなる。

 前回の重量級は、5人の総体重が430キロ以内の規定だったが、今回の軽量級は、360キロ以内。試合時間は8分1本勝負で対戦相手の体重差が10キロ以上ある場合は4分1本勝負となる。

 軽量級は、4チームが出場。出場チームと現時点で決定しているメンバーは以下の通り。

 【HALEO】ホベルト・サトシ・ソウザ(28)、小見川道大(42)、金原正徳(35)、宮田和幸(41)。 【CARPE DIEM】杉江“アマゾン”大輔(37)、岩崎正寛(29)、世羅智茂(28)、松本義彦(34)、デヴィット・ガルモ。

 【TOKORO PLUSα】所英男(40)、矢野卓見(48)、今成正和(42)、小谷直之(36)、伊藤盛一郎(24)。

 【U―ZUKIDO】中村大介(37)、井上学(39)、ビクター・ヘンリー(31)。

 会見でプロレスラーを中心にチームを編成した「U―ZUKIDO」の中村は、現時点で3人しかメンバーが決まっていないため「桜庭さん、出てくれませんか」と隣に座っている桜庭に緊急オファーした。突然のスカウトに桜庭は「話が違う」と絶句。その上で体重が「100キロあるんでさすがに…。聞いてないよ」と困惑すると中村は「減量してください」と懇願した。

 これに桜庭は「田村(潔司)さんに頼めばいいじゃん」とUWFインターナショナル時代の先輩、田村潔司(48)へオファーを出すよう逆提案した。思わぬ返しに「頼みたいところなんですけど、事情が」と中村は戸惑いながらも他の2人の選考に頭を抱えていた。この2人のやり取りに「TOKORO PLUSα」の所は「中村さんのチームに桜庭さんが入るのかが気になって」と関心を示していた。会見後も桜庭に頭を下げてお願いしていた中村。その熱意が伝わる時が果たして来るのだろうか。答えは桜庭だけが知っている。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)