覚醒剤使用容疑で逮捕の女子プロレスラー浜田文子、団体が契約解除を発表

2018年5月17日11時25分  スポーツ報知

 女子プロレスラーの浜田文子容疑者(37)が覚醒剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されたことを受け、所属する女子プロレス「WAVE」は17日までに契約解除することを発表した。

 16日に更新した団体の公式ホームページで二上美紀子社長(49)が「当団体の契約選手であった浜田文子でございますが、本日、逮捕に続く手続として勾留決定がなされた事が判明いたしました。また、これまで浜田が最初から一貫して罪を認めていることも複数回確認できております。このような状況からは、まだ起訴前の段階ではあるものの、浜田による犯罪行為は事実であると判断すべきとの結論に至りました。かかる経緯から、株式会社ZABUN及びプロレスリングWAVEは、本日付で、浜田文子との一切の契約解除を致します。上記の点、謹んでご報告申し上げます」と発表していた。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)