オートレーサーの釜本憲司さん、63歳で死去 亡くなる直前10・29までレース出場

釜本憲司さん

11月8日 20:33

 オートレーサーの釜本憲司さんが7日14時24分、病気のため亡くなったことが分かった。63歳だった。釜本さんは1973年に11期生、川口オート所属として選手デビュー。亡くなる直前の10月29日までレースに出場し、通算808勝、優勝19回の記録を残した。タイトルは86年キューポラ杯(当時G2)だけだったが、雨天の湿走路を得意とし、「雨の天皇」と呼ばれファンに親しまれた。数年前から体調を崩し、入退院を繰り返しながらレースに出場していた。  続きを読む…

オート
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)