ボートレース平和島「トーキョー・ベイ・カップ」エンジン分析

1月17日 06:05

 平和島では昨年6月に現在のエンジンになってから23節が経過し、各エンジンは14~18節使用された。昨年10月にダービーが開催された頃は、10号機と51号機が19号機と、ほぼ同等の評価を得ていて“3強”が形成されたが、季節に関わらず常に高いレベルを保ってきたのは、やはりエース機の19号機だ。昨年末に転覆などのアクシデントがあったが、正月開催では杉山貴博が圧倒的なパワーを見せて東京ダービー(報知杯)を制した。19号機にとっては単独トップの3回目の優勝になった。  続きを読む…

ニュース
周年記念G1
カウントダウン
コラム
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)