小嶋敬二、大宮競輪場でトークショー「最低でも決勝に乗って外国人にひと泡吹かせたい」

2018年6月5日16時47分  スポーツ報知
  • 大宮競輪でトークショーを開いた小嶋敬二

 スポーツ報知がスポンサー契約を結んでいる競輪の人気レーサー小嶋敬二(48)=石川・74期=が5日、大宮競輪場でトークショー行った。

 前回の和歌山F1で3連勝の完全V。16年7月の小田原以来、約2年ぶりの優勝を飾り、「平塚ダービー(5月)の前に合宿をして、練習した成果が結果となって良かった」と笑顔を見せた。

 次は、7日に開幕する取手G3「国際自転車トラック競技支援競輪」で強い外国人選手と対戦する。「ブフリとボスは日本語が話せて、親友のボスから『グレーツァーが一番スピードがある』とメールが来ました。僕もS級1班の点数がかかっているので、最低でも決勝に乗って外国人にひと泡吹かせたい」と意気込みを語っていた。

競輪
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)