【巨人】ドラ1鍬原に新兵器 スパイク3枚刃→7枚刃 グラブは一回り小ぶりに

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • 橿原磯城シニアの後輩たちと一緒にダッシュを行う鍬原(中央=カメラ・渡辺 了文)
  • 初投げを行った鍬原

 巨人のドラフト1位・鍬原拓也投手(21)=中大=が3日、奈良・橿原(かしはら)市内のグラウンドで始動。昨秋のリーグ戦後から控えていたキャッチボールを再開し“初投げ”した。プロで戦っていくため、スパイクの刃の数を3枚から7枚に変更。グラブも小さめを新調するなど用具をリニューアルし「1年間けがなく過ごし、最終的に新人王が取れれば」と目標を掲げた。

 鍬原の吐いた息が真っ白になる。気温3度。風が頬に突き刺さる寒さの中、ネットスローやキャッチボールで約10分の“初投げ”を行った。昨秋リーグ戦後から2か月ほど投球練習を控えていた。久しぶりに腕を振り、自然と笑みがこぼれる。「今年1年間フルで戦うため、去年の疲れを取るという意味で2か月投げてなかった。今年から徐々にという感じです」と前を見据えた。

 中学時代に所属した橿原磯城(かしはらしき)シニアが拠点としているグラウンドで自主トレを行った。中学時代、ポール間走を150往復、6時間以上走り込んで鍛えた地で、約1時間汗を流した。

 プロで生きていくため、2つのアイテムを新調した。まずはスパイク。最速152キロの直球に更に磨きをかけるため、練習用エナメル性スパイクのつま先部分の刃を増やした。以前はつま先側には3枚の刃がついていた。これを、足の母指球、つまり親指付近(内側)に集中的に4枚配置するなどして、計7枚に増やした。鍬原は投球時、足親指付近に力が入る。この時の足の踏ん張りが利くようにするのが狙い。練習で、より力のある球を意識することができる。

 2つめはグラブ。投手はボールを投げた後は9人目の野手として打球に備えなければいけない。フィールディング、ハンドリングをスピーディーにするため、一回り小さいサイズを調達。色は以前までは母・佐代子さん(48)の好きな紫を主体とし、「親孝行」と文字を入れていたが、黄色メインに変更。「明」の文字や、自分の名前を紫色の刺しゅうで入れた。

 2つの“新兵器”を取り入れて、新たなスタートを切った背番号29。9日からはG球場で新人合同自主トレが始まる。「1年間けがなく過ごすということを目標に。最終的に新人王が取れれば」と明るい笑顔を見せ、ルーキーイヤーがスタートした。(玉寄 穂波)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ