【巨人】ドラ1・鍬原、G愛アピール成功 全身ジャイアンツカラーでG球場デビュー

2018年1月9日6時0分  スポーツ報知
  • オレンジ色のTシャツ、グラブ、シューズでノックを受ける鍬原

 巨人のドラフト1位・鍬原拓也投手(21)=中大=が8日、G球場デビューを果たした。7日にジャイアンツ寮に入寮したばかりだが、9日から始まる新人合同自主トレを前に全身ジャイアンツカラーで身を包み、誰よりも目立った姿で約2時間ほど体を動かした。

 最初のアピールは大成功だ。新品のオレンジ色のTシャツ、ランニングシューズで現れた。本人は「たまたまです。気づいたらめっちゃオレンジやん」と笑ったが、全身ジャイアンツカラーは遠くから見ても鍬原の姿だと一目瞭然。「明るい色が好きなんでいいかなって思います」とうなずいた。

 ロッカーは杉内の隣に決まり、巨人の一員となったことを実感した。ドラ1右腕は、合同自主トレを見据え「違った緊張感の中でできる。一日一日を無駄にせず、キャンプに向けて体をつくっていければ」と意気込んだ。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ