【巨人】強打の捕手・大城、新人研修会出席「打撃も守備もアピールしたい」

2018年1月11日19時32分  スポーツ報知
  • 大城

 巨人のドラフト3位ルーキー・大城卓三捕手(24)=NTT西日本=が11日、都内のホテルに各球団の新人が集結した「新人選手研修会」に出席した。

 この日は野球殿堂博物館見学の後、アンチドーピング活動・脳しんとうについて、税の意義と役割、薬物乱用防止について、暴力団の実態と手口、有害行為についての説明、岩村明憲氏講演、セカンドキャリアサポートについて、と様々なメニューが組まれた。

 約6時間の研修終了後、印象に残ったことを聞かれ「岩村さんのお話です。WBCの時の話がありました」と岩村氏が出場して世界一に輝いた06、09年WBCについての話を挙げた。

 東海大相模高、東海大出身。社会人日本代表にも選出された右投げ左打ち、強肩強打の大型捕手。チームには正捕手の小林がいるが、球団は現状、捕手として宇佐見やドラフト2位の岸田と競争させる方針。

 「バッティングも守備も両方アピールして勝負していきたいです」と決意を示した。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ