【巨人】ヤングマン、ボーク連発「修正できる」

2018年2月13日6時0分  スポーツ報知
  • 3回、セットポジションで2度のボークを取られたヤングマン

 ◆1軍紅白戦 紅組10―4白組=特別ルール=(12日・サンマリン宮崎)

 巨人の新助っ人右腕、テイラー・ヤングマン投手(28)が12日、紅白戦で実戦デビューした。白組の2番手で3回から登板。先頭の松原を味方の失策で出すと、ボーク、三盗、ボークと無安打で失点するなど課題を残した。静止と見なされなかった原因は、セットポジションに入った際、グラブの中で球を2回ほど転がしてしまうクセ。それでも「アメリカと日本は(判定の基準が)違う。修正できると思うよ」と前を向いた。

 一方で、大器の片りんも見せた。身長198センチの高さに加え、投球時に左足を極端に三塁側に踏み出すインステップ投法。この縦と横の角度を使い、1死からは岡本を三ゴロ、石川を右飛に仕留めた。「実戦を楽しみにしていた。直球とチェンジアップは良かったけど、カーブは課題。リリースポイントの修正をしたい」。開幕まで、時間はたっぷり残されている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ