【巨人】田中俊、二塁初スタメンで逆転満塁弾 ドラ5ルーキーは由伸監督絶賛の超万能内野手

2018年3月14日5時0分  スポーツ報知
  • 8回無死満塁、田中俊が右越え満塁本塁打を放つ(カメラ・中島 傑)
  • 満塁弾を放ちベンチで迎えられる田中俊(手前=左から岡本、大城、辻)

 ◆オープン戦 巨人8-7ソフトバンク(13日・大分)

 巨人の田中俊が逆転満塁弾を放ち、ソフトバンクとの乱打戦を制した。これがオープン戦1号となったドラフト5位ルーキーは、猛打賞と大暴れ。ドラフト3位の大城も劇弾を演出する貴重な安打を放ち、オープン戦打率5割の活躍。新戦力が躍動する由伸巨人が、30日の開幕戦へ勢いに乗ってきた。

 余韻を味わうでもなく、田中俊はあっという間にダイヤモンドを一周した。ホームベースに戻ってくるとようやく笑みを浮かべ、3人の仲間とハイタッチ。「前の打者が積極的にいっていたので、僕も流れに乗せてもらって、勢いについて行けました」。8回。1点を返して3点差に迫り、なおも無死満塁。2ボール1ストライクから、真ん中へ入ってきた野沢の直球を押し返した。まさに一発逆転。オープン戦1号となる満弾で、乱打戦に終止符を打った。

 アクシデントも、“当たり”の予兆だったのかもしれない。プレーボール直前のシートノック。二塁に入って打球を受けていたのだが、イレギュラーバウンドが顔面を直撃。鼻の右下付近から流血したが、へこたれなかった。「(試合に)出られる状態だったし、せっかくのチャンスだったので」。この日はライバル・吉川尚が遊撃に回ったため、オープン戦初となる二塁でのスタメン。アピールするための絶好の機会を、みすみす逃がすわけにはいかなかった。

 対応力の高さも見せた。相手先発は昨季パ最多勝の東浜。「(対戦が)初めてだったので、なんとか食らいついていこうと思いました」。3回無死。追い込まれながらもシンカーや直球についていき、4球ファウルした末、最後は甘く入ってきたカーブを捉えて右中間二塁打を放った。7回の内野安打と合わせて猛打賞。高橋監督は「(満塁弾は)いい当たりだった。あまり(打球が)上がらなかったのでどうかなと思ったけど、力あるね」とうなり、「紅白戦、オープン戦を通じて内容のある打席が多かった。そのへんを継続してできている」とたたえた。

 二塁争いでは吉川尚を追いかける立場ではあるが、三塁もこなせるため、阿部、マギー、岡本の状態次第では、取って代わってラインアップに名を連ねるであろう位置にいる。「打撃も守備も、できることはある。変わらずどんどん、出してもらったチャンスで、準備をした上でアピールしていければ」。虎視たんたんと食らいついていった先に、また一発逆転が待っているかもしれない。(尾形 圭亮)

 ◆田中 俊太(たなか・しゅんた)1993年8月18日、神奈川・厚木市生まれ。24歳。東海大相模高では11年センバツで優勝。東海大では14年の全日本大学選手権でチームを優勝に導いた。日立製作所では16年都市対抗で準優勝し、新人賞にあたる「若獅子賞」を受賞。17年ドラフト5位で巨人入団。兄は広島の広輔。178センチ、80キロ。右投左打。年俸800万円。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ