【巨人】1点差で広島に敗れる 田口初黒星、ゲレーロ1号

2018年4月14日20時43分  スポーツ報知
  • 9回無死、見逃しの三振に倒れた坂本(捕手は石原)(カメラ・矢口 亨)

 ◆巨人2―3広島(14日・東京ドーム)

 巨人は1点差で広島に敗れ、連勝はならなかった。先発の田口は6回3失点で今季初黒星。ゲレーロには公式戦14試合目で移籍1号ソロが飛び出したが、勝利できなかった。

 試合が終了しても、左腕はグラウンドを見つめ続けた。田口は3回2死一、二塁で丸に先制の5号3ランを浴びた。クオリティースタートを達成する6回3失点だったが、打線の反撃及ばず黒星となった。

 投手陣は2番手・宮国が2回無失点、3番手・沢村も1回無失点と好投した。

 打撃陣は広島・ジョンソンの前に8回まで6安打で2得点。4回にマギーの中犠飛、7回にゲレーロの左越え1号ソロで得点を挙げた。9回は1番・坂本勇からの好打順だったが、広島守護神・中崎に3者凡退に抑えられて惜敗した。

 カード勝ち越しをかけ15日の同カードで巨人は野上が先発する。広島先発は大瀬良の予定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)