【巨人】坂本勇、9回意地の2点打「粘りましたけど、勝たないと意味がない」

2018年4月16日6時0分  スポーツ報知
  • 9回1死満塁、坂本勇が右前に2点適時打を放つ

 ◆巨人4―5広島(15日・東京ドーム)

 執念が詰まった打球が右前で弾んだ。3点ビハインドの9回1死満塁。この打席まで4打数無安打だった坂本勇が、広島の守護神・中崎の外角低めの146キロ直球をバットの先で捉え、2点打を放った。同点、サヨナラへの機運は一気に高まったが、その後の好機を生かせず、接戦を落とした。試合後は「(最終回に)粘りましたけど、勝たないと意味がない」と厳しい表情を浮かべた。

 チームの調子はなかなか上がらないが、主将は12日のDeNA戦(東京D)から1番で起用されると、ここ4試合の打率は3割5分3厘と好調を維持している。どんな時も「チームのためにプレーしていきたい。前を向いて戦っていく」と口にしている背番号6。次は勝利に導く一打を決める。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)