•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

巨人担当キャップが今季の順位予想…紙面とは別の角度から述べてみた

2017年3月20日16時0分  スポーツ報知
  • 巨人・高橋由伸監督

 いきなりだが、今年の順位予想をしてみた。

 1位・巨人

 2位・DeNA

 あとは、本紙評論家の方々にお任せするとします。

 巨人担当歴9年の“情”と言われそうだが、違う。ある人の由伸監督に対する評価を聞き、期待値は高くなったのだ。DeNA・ラミレス監督だ。昨シーズンが終了してからの言葉だ。

 「由伸さんは必ずいい監督になるよ。いい意味で何を考えているのか分からない、読めない」

 過去に一度も采配を振るったことのない人が、巨人軍の監督になった。現役時は天才打者だった。が、勝負所を読んでの投手起用や代打を送るタイミングなんて、いきなり出来るはずがない。だから、経験豊富な村田ヘッドコーチや尾花投手コーチをそばに置いた。そんな中で持ち前の勝負師の勘を使って白星を拾い、経験を積みながら「真の監督」へと成長していった。

 そこへきて、ラミレス監督の「眼」だ。ラミちゃんは巨人時代、相手バッテリーの配球を読むことにたけていた。常に研究を怠らず打席につなげた。相手の顔色一つも見逃さないバッターだった。記者が二日酔いを隠して球場に行くと、必ず「昨日はたくさん、お酒飲んだね」と当てられた。そんな男が、我らが指揮官を「読めない」と評した。これは嬉しい言葉だ。

 そんなラミちゃんは昨年、1番打者に桑原、正捕手に1年目の戸柱、セカンドに宮崎を抜てきした。シーズン半ば、「この3人は『絶対に活躍できる』と見込んだんだ。その通りになっただろ」と胸を張っていた。夢だった日本球界の監督になり、「自信はある」と鼻息を荒くしていたが、選手を育て、チームをリーグ3位に導いた。その手腕は誰もが認めるところだ。それでも巨人は2位だった。

 ここらで、そろそろお断りを…。このコラム、「ラミレス監督を褒めよう」の回ではございません。あくまで、巨人1位を予想する私独自の視点を、紙面とは別の角度から述べたつもりです。いかがだろうか。(巨人担当キャップ・水井 基博)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)