鈴木晃祐が逆転で五輪コース初の公式戦王者に…ジュニア選手権

各部門の優勝カップを手に笑顔を見せる(左から)男子15〜17歳の部の鈴木晃祐、同女子の部の菅沼菜々、男子12歳〜14歳の部の久常涼、同女子の部の堤姫乃

8月18日 20:10

◇ゴルフ日本ジュニア選手権 男子15~17歳の部最終日(18日、埼玉・霞ケ関CC東C、参加62人(男子12~14歳の部、女子12~14歳の部、同15~17歳の部=霞ケ関CC西C、参加30人、参加32人、参加41人)曇り、微風)

 男子15~17歳の部が全長7466ヤードの20年東京五輪会場で行われ、3打差3位で出た鈴木晃祐(こうすけ、17)=西武台千葉高2年=が2バーディー、1ボギーの70で回り、通算1アンダーで逆転優勝。出場唯一のアンダーパーで昨秋に五輪コースへと改修後、初の公式戦王者となった。杉浦悠太(15)=福井工大福井高1年=が1打差の2位。  続きを読む…

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)