上原、49位も「いい感じの初戦」 敏京は58位

2018年1月30日7時30分  スポーツ報知

 ◆米女子プロゴルフツアー ピュアシルク バハマ・クラシック最終日(28日、バハマ・オーシャンクラブGC)

 第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、最終Rを71で回った上原彩子(34)=モスバーガー=は通算2オーバーで49位。74の野村敏京(25)=Qセルズ=は4オーバーで58位だった。27日に第2Rを7オーバーで終えた畑岡奈紗(19)=森ビル=は予選落ち。ブリタニー・リンシカム(32)=米国=が12アンダーで大会2連覇を飾り、ツアー通算8勝目を挙げた。

 13番(パー4)で第2打をピン横1メートルほどにつけてバーディーとするなど、ショットがピンに度々絡んだ。3バーディー、1ボギーと伸ばし、「初戦としたら、すごくいい感じで終えることができた」と、納得の表情を浮かべた。オフは米カリフォルニア州で合宿し、スイングの修正やショートゲームを強化。強風の中、早くもその成果が出て、「コーチとずっと取り組んできたことが形になってきた」と喜んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)