松山英樹、15日開幕ジェネシス・オープン欠場

2018年2月8日18時31分  スポーツ報知
  • 松山英樹

 米男子プロゴルフツアー通算5勝で、世界ランク6位の松山英樹(25)=LEXUS=が8日、出場を予定していた15日開幕のジェネシス・オープン(リビエラCC)を欠場することを所属するマネジメント会社が発表した。前週、3連覇を狙った米ツアーのフェニックス・オープンの第1ラウンドで左手親指付近を痛めて、第2ラウンドのスタート前に途中棄権していた。

 同社によると、松山は既に一時帰国し、病院で検査や診断を受けているという。体調も含めて万全を期してトーナメントへの復帰したいと考えており、欠場の判断に至った。注目される復帰の時期に関しては、今後の治療スケジュール等を精査しながら検討する予定であり、決定次第、お知らせいたします、とのこと。

 4月の海外メジャー初戦、マスターズ(5~8日・米ジョージア州オーガスタナショナルGC)での日本男子悲願のメジャー制覇へ向けて、まずはじっくりと国内で治療に専念する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)