女子ゴルフ開幕戦・ダイキンオーキッドレディス第3日は荒天のため中止決定

2018年3月3日12時52分  スポーツ報知
  • 大雨で川のようになった9番ホール

 ◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス第3日(3日、沖縄・琉球GC=6558ヤード、パー72)

 早朝から大雨の影響で3度スタート時間を遅らせたが、天候が回復する見込みがないため、午前10時45分、競技中止が決定した。本大会は、54ホールに短縮となった。賞金加算は75%に減額される。

 日本女子プロゴルフ協会によると、1988年のツアー制施行後、開幕戦が中止・短縮となったのは史上初。4日間大会の3日目が中止となった例は、91年日本女子プロゴルフ選手権(兵庫・旭国際東條CC)の1例で、27年ぶり2度目となった。

 第2ラウンドを終えて昨季賞金女王の鈴木愛が通算8アンダーで単独首位。川岸史果、李知姫(韓国)が7アンダー2位。地元・沖縄出身でダイキン工業所属の諸見里しのぶが6アンダー4位で追う。

 鈴木愛の話「こんなに雨が降ると思っていなかった。今日はできると思っていた。長引いて気持ちを整理するのも難しいので、賞金は減ってしまうけど、体力的には(明日)18ホールの方がいい。体のケアをして、しっかり体調を整えたい。(最終日のスコアは)60台は必要かなと思う」

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)