馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

【函館スプリントS】セイウンコウセイ、追い切りで池添と初コンタクト!「G1馬で雰囲気がある」

2018年6月13日12時17分  スポーツ報知
  • 池添騎手が乗り、ハロー明けのウッドコースで追い切られたセイウンコウセイ

 第25回函館スプリントS・G3(6月17日、函館・芝1200メートル)に出走するセイウンコウセイ(牡5歳、美浦・上原博之厩舎)が6月13日、滞在している函館競馬場で最終追い切りを行った。

 今回が初コンビとなる池添騎手がまたがり、ウッドチップコースで単走。直線では人馬の呼吸を合わせてスムーズに伸びた。池添騎手は「体はできていると聞いていたので、しまいを伸ばす感じで。最後はそれなりに負荷をかけて、しっかり反応してくれました。ずっと右手前で、手前を替えなかったが、動きは悪くない。馬はイメージ通りですね。映像でも見ていますし、一緒にレースも乗っている。頭が低い走りで、見た通りの動きでした」とうなずいた。

 2017年の高松宮記念優勝馬。「G1馬だし、雰囲気のある馬。角馬場での雰囲気もピリッとしていた」と池添騎手はオーラを感じ取ったようだ。G1を勝って臨んだ昨年は4着。2年連続参戦となる今年は、新たな鞍上を迎えて1年3か月ぶりの勝利を目指す。

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)