•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

【二宮寿朗の週刊文蹴】“ジャンケン”に完敗したハリルジャパン

2018年3月30日12時0分  スポーツ報知

 日本は“ジャンケン”に弱い。ウクライナ戦を見た率直な感想である。

 スタートは悪くなかった。コンパクトな守備ブロックから狙いを持って出ていく守備は、ボールをつないできたウクライナの出はなをくじいた。まずは分析通り。ジャンケンに例えれば「あいこ」から始まっていた。グーに対してグー。しかし、ここからの攻防で上回ったのは相手の方だった。日本の中盤は引っ張り出され、空いたスペースを利用されてしまう。相手はグーに対してパーを出そうとした。

 ウクライナはマンチェスターCのジンチェンコ、シャルケのコノプリャンカらタレントがいる一方、国内のSドネツク、Dキエフの2大クラブが中心の編成。あうんの呼吸で、スッと最適解を導き出した。翻ってハリル・ジャパンは、次に出したい策を打ち出せない。選手たちのプレーがどこか消極的に見えたのは、どう対応すればいいか探っていたから。ピッチの状態が悪く、頭も体も疲弊させられていった印象だ。1対2というスコアは妥当だろう。もっと点差が開いてもおかしくなかった。

 ハリルホジッチ監督はチームを固めず、そのつど「調子のいい選手」を呼んでくる手法だ。最適解をピッチ上の選手だけに委ねるのは酷というもの。ここは指揮官の腕の見せどころだったが、上策を提示できたとは思えない。相手を“仮想ポーランド”と位置づけるなら、システム変更や交代カードを本番感覚で試してほしかった。

 この観点に立ってみても中島翔哉の投入は遅いように感じた。マリ戦でゴールを挙げた中島はまさに「調子のいい選手」。交代カードで状況を変えるなら、打ってつけだと思ったのだが…。調子のいい選手をいいタイミングで使ってこそのハリル采配ではなかったか。指揮官が先頭に立って“ジャンケン”に勝とうとしなければ、結果と内容を得られるわけがない。(スポーツライター)

コラム
今日のスポーツ報知(東京版)