【横浜M】アイザックSD「目標は高い。エベレスト」ポステコグルー体制で優勝目指す

2017年12月20日6時0分  スポーツ報知
  • 前オーストラリア代表監督のポステコグルー氏

 横浜Mは19日、来季監督に前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏(52)が就任すると発表した。

 横浜市内で取材に応じた古川宏一郎社長は「最初に面談した時、彼の一番最初の質問が『クラブとして優勝を目指していますか』だった。優勝を目指すことができる監督、若手を育てる監督という2つが選考基準だった。彼はその2点を満たしている」と語った。

 アイザック・ドルSDは新体制で迎える来季について「目標は高い。エベレスト。トップを目指す」とリーグ制覇を目標に掲げることを明言。「全て新しく変わることはない。今あるものを認めて、プラスアルファではなくプラスバリュー。質を上げていく」とエリク・モンバエルツ現監督が3年間で築いたサッカースタイルからの積み上げを期待した。ポステコグルー氏のサッカーについて「戦術のカルチャーを多く持っている。フレキシブル。試合中にも変わる」と分析しており、オーストラリア代表時代に愛用していた3バック布陣にも「相手を分析して3バックになっていただけ。選手の質でシステムは変わる」との見方を示した。

 また古川社長はマリノスにオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが所属しているため、ポステコグルー氏が頻繁にマリノスの試合をチェックしていた事も明かし「結構見ているなと驚いた」と語った。

 ポステコグルー氏はオーストラリア代表を率いて14年ブラジルW杯に出場し、15年に自国開催のアジア杯を制覇した。18年ロシアW杯最終予選では日本と同組に入り、大陸間プレーオフで本大会出場を決めたが、11月に辞意を表明していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ