【高校サッカー】松井愛莉の弟・蓮之が勝利に貢献 矢板中央が3回戦進出

2018年1月3日5時0分  スポーツ報知
  • 弟・蓮之に声援を送るモデルの松井愛莉
  • 初戦突破を決め、相手選手と握手する矢板中央・松井

 ◆第96回全国高校サッカー選手権大会 ▽2回戦 矢板中央3―2三重(2日・NACK5スタジアム大宮)

 2回戦16試合が行われ、16強が出そろった。矢板中央は、第92回大会の応援マネジャーを務めたモデル・松井愛莉(21)の弟のMF蓮之(れんじ、3年)がフル出場で初戦突破に貢献。姉も観戦する中、縦横無尽にピッチを駆け回り攻撃の芽を摘み続けた。

 試合前に「頑張ってね」とエールをもらったというイケメンボランチは「今は姉の方が有名。自分はサッカーで有名になって、いずれは日本代表の試合に招待したい」と“姉超え”を誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ