【大宮】前名古屋FWシモビッチ獲得が決定的に 今季は外国人5人体制

2018年1月10日5時0分  スポーツ報知

 今季からJ2に降格する大宮が、昨季名古屋でプレーしたスウェーデン人FWシモビッチ(26)を獲得することが9日、決定的になった。複数の関係者が明かした。シモビッチは昨季J2で40試合18得点。J1昇格プレーオフでも2試合で3得点を挙げJ1昇格に大きく貢献した。だが昨年末に契約満了となり、大宮を始めJ2福岡や海外の複数クラブがリストアップし、獲得に動いていた。

 大宮は昨季チームトップの7得点を挙げたFW江坂、MF瀬川が柏に移籍するなど戦力ダウンは必至。1年でのJ1復帰へ決定力のあるストライカーの補強を画策し、担当者をスウェーデンに派遣してラブコールを送っていた。すでにブラジル人FWマルセロ・トスカーノ、MFマテウス、カウエ、韓国人DFキム・ドンスの契約を更新。今季はシモビッチも含めた外国人5人体制となりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ