元日本代表FW鈴木隆行氏、引退試合で5得点「いつかまたピッチでお会いしましょう」

2018年1月13日16時58分  スポーツ報知
  • 前半5分、MITO SELECTIONSで出場した鈴木隆行(右=左はSUZUKI FRIENDSの名波)

 鹿島、水戸などで活躍し、2015年に引退した元日本代表FW鈴木隆行氏(41)=スポーツ報知評論家=の引退試合が13日、水戸の本拠地である茨城・ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。

 自身がゴールを決めた2002年日韓W杯日本代表を中心とした「SUZUKI FRIENDS」と、水戸の現役選手らで構成する「MITO SELECTIONS」が対戦。鈴木氏は前半にSUZUKI―、後半にMITO―でプレーし、合計5得点を決める活躍。試合は7―6でSUZUKI―が勝利した。

 試合後のスピーチでは「ここまで現役を続けられてきたのも、いろんな方に助けられてきたおかげです。本当にありがとうございました」などとあいさつし、9155人の大観衆から拍手を浴びた。スピーチの途中では現役生活を振り返って涙ぐむ場面もあった。

 水戸での引退試合開催には特別な思いがあった。2008年から米国のポートランドでプレーし、10年のシーズン後にはクラブから翌年のコーチ就任を打診された。「こんな光栄なことはない」と引退を決意し、妻子とともに米国で暮らすことにした。労働ビザを取得して正式契約のため米国に渡っていたが、夫人が体調を崩したため交渉を中断して一時帰国した。その翌日の11年3月11日、東日本大震災にあった。

 実家のある茨城・日立市も大きな被害を受けた。コーチ就任を断り、日本で復興の手助けを模索した。「アメリカに行くどころじゃなくなった。何とか地元の力になりたい」。水戸の関係者に話をすると、柱谷哲二監督から「お前が選手としてプレーしてくれれば、みんなに喜んでもらえる」と現役復帰を要請された。一度は引退を決意しており、ここ数か月は満足なトレーニングをしていない。それでも熱意に押されて復帰を決めた。しかも無報酬による異例のアマチュア契約だ。「水戸は経営が苦しい。手伝おうとしているのにオレがお金をもらうのは違う」。男気あふれる復帰が反響を呼び、スポンサーも観衆も増えた。不動のレギュラーとして4シーズンで24得点とチームを支え、若手からも慕われた。15年に千葉で引退するまで、全力で駆け抜けた。

 現在はJリーグの監督就任に必要なS級ライセンスを受講しており、今年度中には取得できる見込み。「名波さんのような監督になって現場に戻りたい。みなさん、いつかまたピッチでお会いしましょう」と締めくくった。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ