【F東京】16歳久保建英がナイキと異例の契約へ 複数年で東京五輪もサポート

2018年2月4日5時0分  スポーツ報知
  • ナイキとの大型契約を結ぶことが濃厚なF東京の久保

 F東京のFW久保建英(16)が、今季からスポーツ用品メーカー大手「ナイキ」と契約交渉を進めていることが3日、分かった。複数年の見込みで、20年の東京五輪も同社がサポートする予定だ。用具提供にとどまらず、契約金を含む内容となる見通しで、プロの実績がない選手としては極めて異例。世界のスーパースターと契約する同社からの強力なバックアップは、昨年クラブ史上最年少の16歳5か月22日でJ1デビューを果たした逸材にとっても大きなプラスとなるのは確実だ。

 “日本のメッシ”に強力な援軍が現れた。リーグ関係者によると、久保とナイキとの契約が間近に迫っていることが判明。詳細は交渉次第だが、複数年になるのは確実で東京五輪も同社のスパイクで臨む可能性が高い。4日から合流するF東京の2次キャンプ(沖縄・糸満)から履き始める予定で、今月下旬の開幕前にも正式に契約するとみられる。

 過去には09年にG大阪MF宇佐美貴史が17歳でアディダスと、10年には浦和FW原口元気が18歳でナイキと契約した例があるが、16歳の久保は2人よりも早い。さらに将来性を加味し、Jクラブの主力級と同等の年1000万円前後の契約金も検討されている。今後は特注スパイクが作製される可能性もあり、10代としては破格の待遇となる。

 バルセロナの下部組織にいた当時に現地のアディダスと契約し、これまで愛用してきた。だが、昨年11月にプロになったこともあり、今オフに見直しを検討。ナイキをはじめ5社以上が名乗りを上げ、争奪戦となっていた。その中で最も自身の足にフィットしたスパイクを提供した同社を選択。2得点を挙げた先月27日のバヤンカラFCとの親善試合でも着用。契約を結んでいないため黒塗りでロゴを隠していたが、好感触を得ている。

 世界的スターに成長するための手助けにもなる。1日から3日まで静岡県内で行われていたJリーグ新人研修に参加。5年後のイメージを聞かれ「久保選手がやっているからサッカーを始めましたと言ってもらえるようなすごい選手になっていたいと思います」と話した。ナイキはDF長友ら多数の日本代表をサポート。世界的にもポルトガル代表FWのC・ロナウドやブラジル代表FWネイマールらと契約しており、CMやイベントでスーパースターと共演する可能性もある。

 今季、F東京では攻撃の切り札として期待されており、今月24日の浦和との開幕戦(味スタ)ではスタメンの可能性も十分ありえる。最高の“相棒”を手に入れ、今季に、そして東京五輪に臨む。

 ◆サッカー選手のメーカーとの契約 Jリーガーは用具提供だけの契約が多いが、トップ選手になると用具に加えて契約金が支払われる。日本代表の主力級であれば、年間2000~5000万円が相場。久保の場合は代表クラスに次ぐ、1000万円前後となることが予想される。海外では相場がグッと上がる。ナイキと契約するC・ロナウドは、現地紙の報道によると年間2400万ユーロ(約33億円)とされる。

 ◆久保 建英(くぼ・たけふさ)2001年6月4日、川崎市生まれ。16歳。小学3年から川崎U―10でプレー。11年4月にバルセロナの入団テストに合格し、同年夏に渡欧。15年5月にF東京U―15むさしに入団。16年4月からF東京U―18に昇格、同9月に2種登録。17年4月15日のJ3・C大阪U―23戦でJリーグの最年少記録を更新する初得点。同年11月26日の広島戦(Eスタ)でクラブ史上最年少でJ1デビュー。世代別代表ではU―20W杯(韓国)、U―17W杯(インド)出場。173センチ、67キロ。左利き。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)