【湘南】OB・岩本輝雄さん、クラブ創設50周年に自腹で「TERUシート」設置!隣に座って解説も

2018年2月7日23時3分  スポーツ報知
  • 現在もサッカー教室講師などで活躍中の岩本輝雄さん

 J1・湘南ベルマーレがクラブ創設50周年を記念して、OBで元日本代表MF岩本輝雄さん(45)が私費を投じた「TERUシート」2席をホームスタジアムのShonan BMWスタジアム平塚に設置することが7日、分かった。

 今季のJ1開幕戦から決まった試合に抽選で当たったペアがメイン指定席に招待されるもの。スケジュールによっては、岩本さんが隣の席に座って解説する機会も設けるという。同シートでの観戦は今後、湘南ベルマーレ公式サイトで一般募集される。

 過去、現役選手による招待は実施されていたが、OBによるシート設置は初めてとなる。

 岩本さんは今回のシート設置について、「今回、ベルマーレが創設50周年を迎えるということで『TERUシート』を設けさせていただくことになりました。自分にとって、ベルマーレは高校を卒業してプロとしてのキャリアを歩み始めたクラブであり、そこから日本代表にも選ばれるなど、たくさんの経験を積ませていただきました。今もサッカーを続けていますが、こうして自分自身がサッカーと共にあるのは、ベルマーレのおかげだと思っています。ホームタウンである平塚の街、サポーターの皆さんとともにたくさんの思い出があります。J1の舞台で戦う今シーズン、チョウ貴裁監督の下で戦うベルマーレの見ていてワクワクするような攻撃サッカーを楽しんで下さい!」とコメントした。

 また、ベルマーレは「クラブ一同、岩本輝雄さんに感謝の気持ちをお伝えすると共に一人でも多くの方が湘南ベルマーレの戦いをスタジアムでご観戦いただけることを願っています」とコメントしている。

 ◆岩本輝雄(いわもと・てるお) 1972年5月2日、横浜市生まれ。45歳。横浜商大高卒業後、91年にフジタ入団。ベルマーレ平塚(現湘南)としてJリーグ入りしたチームの左サイドバックとして95年元旦の天皇杯優勝などに貢献。ファルカン監督率いる日本代表で10番も背負った。名古屋、仙台などでも活躍。04年、名古屋退団後、約2年間、選手生活から遠ざかるも06年、ニュージーランド・オークランドシティFCと契約。同年のクラブW杯に出場し、現役引退。09年、仙台のクラブ・アンバサダーを務めた他、サッカー解説者、タレントとしても活躍中。AKB48の大ファンとしても知られる。180センチ、75キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)