【金沢】昨夏加入の左SB沼田、古巣・大宮戦「楽しみ」

2018年2月10日7時10分  スポーツ報知
  • 練習試合で激しく競り合う金沢・沼田(左)

 金沢DF沼田圭悟(27)が、古巣との対決を心待ちにしている。昨季は8月にJ1大宮から完全移籍。左サイドバックのレギュラーをつかむと、14試合連続フル出場でシーズンを終えた。今季は大宮がJ2に降格し、リーグ戦で対戦するため「メチャメチャ楽しみです。自分を成長させてくれたクラブで、感謝している。降格は残念ですけど、同じJ2の舞台で全力で倒しにいきたい」と意気込んだ。

 群馬・高崎経大付高を卒業後、ブラジルの数クラブを渡り歩いた。2012年にG大阪に逆輸入で入団し、讃岐を経て大宮では1年半プレー。「マッチアップしそうな奥井(諒)選手は1学年上で仲良くしてもらった。ガンバでも一緒で、お兄ちゃん的存在だった横谷(繁)くんとは対戦が楽しみ」と、元同僚への思い入れは強い。

 昨季は1得点で「結果の部分であまり関われなかった。個人として(今季は得点とアシストで)15ゴールに絡みたい。どんどん攻撃参加する」と沼田。キャンプでは7日のJ3群馬との練習試合に先発し、左サイドから精度の高いクロスを供給した。試合中、大声でチームを鼓舞するレフティーは「状態は少しずつ上がっていて、手応えも悪くない」と、25日の愛媛との開幕戦へ自信を見せた。(竹内 竜也)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)