【浦和】オリヴェイラ新監督就任後4度目無得点…攻撃陣が守備陣に「ごめん」

2018年5月14日7時0分  スポーツ報知
  • 0―0の引き分けに終わり、厳しい表情をみせる浦和・柏木(左)、興梠(右)らイレブン

 ◆明治安田生命J1リーグ第14節 浦和0―0鳥栖(13日・埼玉)

 攻撃陣のシュートわずか6本。オリヴェイラ監督就任後、浦和は2得点3失点で4度目の無得点。試合後、攻撃陣は守備陣に「ごめん」とわびたという。

 日本代表DF槙野は、負傷明けとはいえフィジカルが強い元コロンビア代表FWイバルボとのマッチアップを制したが「(無得点は)前の選手の責任だけではない」と反省した。W杯メンバー発表までルヴァン杯を含め2試合。「クラブあっての代表。やるべきことをやる」と完封勝利にこだわり続ける。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)