ケルン大迫、先制弾で今季2ゴール目

ハノーバー戦の前半、ゴールを決めるケルン・大迫(左)(共同)

2月19日 07:00

 【ケルン(ドイツ)17日=鷲見由希子】ケルンの日本代表FW大迫勇也がハノーバー戦で今季2ゴール目となる先制点を決めた。前半30分、FKのこぼれ球を拾い、エリア内から左足で決めた。試合は1―1で引き分けた。ハンブルガーSVの同DF酒井高徳は1―2で敗れたレーバークーゼン戦にフル出場し、MF伊藤達哉はベンチ入りせず。  続きを読む…

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)