イニエスタ、日本or豪州行きに絞った? スペイン紙が報道

2018年5月11日6時0分  スポーツ報知
  • 退団会見で涙を流すイニエスタ(ロイター)

 今夏のJ1神戸加入が報じられているバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)が9日、ホームで行われたビリャレアル戦(5〇1)後、日本移籍の可能性について初めて言及した。「欧州以外ならどこでも可能性がある。中国行きがなくなり、日本かオーストラリアが濃厚という記事を読んだが、交渉は終わっていない。最善の選択をしたい」と話した。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 神戸関係者はオファーの事実を認めているが、一方で三浦淳寛スポーツダイレクターは9日に獲得に否定的な発言をしていた。複数のスペインメディアは年俸2500万ユーロ(約32億5000万円)の3年契約になる見込みだと報道。移籍先に浮上していた中国スーパーリーグの重慶は獲得を否定する声明を発表したが、オーストラリアや米国のクラブも獲得に乗り出しているとも報じられている。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ