【高校ラグビー】東海大仰星、河瀬の雪辱2トライで奪冠 2大会ぶり5度目

2018年1月9日6時0分  スポーツ報知
  • 後半、東海大仰星・河瀬(手前右)が勝ち越しのトライを決めフィフティーンと喜ぶ(カメラ・渡辺 了文)
  • 優勝に喜ぶ東海大仰星フィフティーン

 ◆第97回全国高校ラグビー最終日 ▽決勝 東海大仰星27―20大阪桐蔭(8日、花園ラグビー場)

 東海大仰星(大阪第2)が27―20で大阪桐蔭(大阪第1)との19大会ぶり、戦後2度目の大阪同士の決勝を制し2大会ぶり5度目の優勝を果たした。高校日本代表候補ウィング河瀬諒介(3年)が決勝点を含む2トライ1ゴールと活躍し第57回大会(1977年度)で大工大高(現常翔学園)を初優勝に導いた元日本代表NO8の父・河瀬泰治さん(58)=摂南大総監督=との花園親子Vを達成。湯浅大智監督(36)は就任5年目で自身3度目のVとなり、恩師の土井崇司前監督(58)=東海大学付属高校・学園ラグビーコーディネーター=はその指導力を高く評価した。

 雨あがりの花園にノーサイドの笛が響き、仰星フィフティーンが歓喜の拳を突き上げた。27―20。大阪桐蔭のロスタイムの猛攻を魂のこもったタックルで防ぎ切った。2トライ1ゴールでVの立役者となった河瀬は「めっちゃうれしい。このために3年間やってきた」。前回決勝、東福岡戦の後半の得点機にノックオンして号泣してから1年。最高の笑顔でチームメート、そして親子Vの父・泰治さんとも固い握手を交わした。

 前回準V時のNO8吉田大亮(東海大1年)からV奪回を託されて引き継いだスパイクを履き、河瀬が駆け抜けた。0―7の前半9分、自陣22メートル付近でパスを受けると緩急自在に2人をかわし、70メートルを走り切りトライ。圧巻は20―20の後半23分、敵陣22メートルのラックから直接ボールをもらうと1人かわし、中央に勝ち越しの今大会8本目のトライだ。それまで4本外していたゴールキックも成功。湯浅監督は「信じていた。生徒たちを誇りに思う」と号泣した。

 花園V奪回を目指した今季、チームはいきなりつまずいた。昨春の全国選抜大会で予選プール敗退。1年時からベンチ入りする長田主将は「自分たちの代も強いと過信していた。あそこで弱いことに気付けた」。15年度V、昨年度準Vの慢心と決別。「基本の徹底」に立ち返り、同校グラウンドの土から人工芝へ改修工事中の6~9月、夏合宿以外は近隣の小、中学校の運動場を借り「ブレイクダウン」(ボール争奪戦)、「ストレートラン」(縦に走る)などの地道な練習を反復。“実りの冬”を迎え、この日の大舞台で今季のテーマ「オールアウト」(力を出し切る)を完遂した。

 新チームは早速9日に始動。この日トライを決めた1年生FB谷口は「この貴重な経験を生かし、来年も再来年も優勝する」。ここ10年で花園V3度、準V2度。仰星が日本の高校ラグビーをけん引する。(田村 龍一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ