錦織、ツアー下部大会で決勝進出「この2週は練習だと思っていた」

2018年2月3日14時26分  スポーツ報知

 男子テニス世界ランキング27位の錦織圭(28)=日清食品=が2日(日本時間3日)、米テキサス州ダラスで行われているツアー下部大会で決勝進出を決めた。シングルス準決勝で世界234位の荘吉生(台湾)を6―4、6―4で下した。決勝では同158位マッケンジー・マクドナルド(22)=米国=と対戦する。マクドナルドは全豪オープンで予選から本戦出場を果たし、2回戦では現在3位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)にフルセットで惜敗している。

 錦織は右手首故障で昨夏からツアーを離れ、今大会が復帰2大会目。「(下部大会に出場した)この2週は練習だと思っていた。(自分に)期待していなかった」と無欲で勝ち上がった。手首の状態も上がってきており、10年11月の米ノックスビル以来のツアー下部大会優勝でツアー大会復帰へ弾みつけたい。

 WOWOWでは決勝を生中継する予定。メンバーズオンデマンドでのライブ配信も行う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
球技
今日のスポーツ報知(東京版)