【Bリーグ】青森、新HCに北谷氏

2018年2月28日7時30分  スポーツ報知

 Bリーグ2部東地区の青森ワッツは27日、新ヘッドコーチ(HC)に北谷稔行(きたや・のりゆき)氏(37)が就任したと発表した。前日の26日には、佐藤信長HC(47)との契約解除を発表した。

 北谷新HCは青森県出身。弘前実から拓大へ進み、1999年にはインカレ準優勝。その後は国体出場や、3×3日本選手権3位などの実績を持つ。指導歴はない。また、元日本代表選手で、引退後は日本代表HCも経験した倉石平(おさむ)氏(61)がチームアドバイザーに就任し、北谷HCをサポートする。

 佐藤前HCは現役時代、旧JBL時代のアイシンなどで活躍。引退後は母校・能代工の監督を経て、2015年に青森ワッツのHCに就任した。今シーズンは3季目だったが、9勝29敗の5位と低迷していた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ