バスケW杯アジア1次予選、最後の2試合の男子日本代表候補発表

2018年6月11日15時11分  スポーツ報知
  • バスケットボールW杯男子アジア1次予選の日本代表候補

 日本バスケットボール協会(三屋裕子会長)は11日、FIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア1次予選の最後の2試合、オーストラリア戦(29日)、チャイニーズ・台北戦(7月2日)に出場する男子日本代表候補を発表した。

 代表候補には米・ゴンザガ大の八村塁(20)、ニック・ファジーカス(33)、富樫勇樹(24)、田中大貴(26)らが招集された。

 フリオ・ラマスヘッドコーチ(54)は「2次予選に進出できるように、オーストラリアとチャイニーズ・台北には勝ちに行く。選手の努力と成長に期待している」と話した。

 八村は「リバウンドで助けられる部分があると思う。持ち味を出していきたい」と意気込んだ。

 日本代表は、19年W杯の出場権が与えられるアジア1次予選で現在4戦全敗で4か国中最下位。2020年東京五輪の開催国枠も獲得できていない。

 ◆日本代表チーム Window3 予備登録メンバー24名

太田 敦也 (34、C・三遠ネオフェニックス)

竹内 譲次 (33、PF・アルバルク東京)

ファジーカス ニック (32、C・川崎ブレイブサンダース)

古川 孝敏(30,SG・琉球ゴールデンキングス)

橋本 竜馬 (30,PG・シーホース三河)

篠山 竜青 (29,PG・川崎ブレイブサンダース)

辻 直人 (28、SG・川崎ブレイブサンダース)

比江島 慎 (27、PG・シーホース三河)

熊谷 尚也 (27、SF・大阪エヴェッサ)

宇都 直輝 (26、PG・富山グラウジーズ)

永吉 佑也 (26、PF・京都ハンナリーズ)

田中 大貴 (26、SG・アルバルク東京)

西川 貴之 (26,SGシーホース三河)

張本 天傑 (26、SF・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

富樫 勇樹 (24,PG・千葉ジェッツ)

ベンドラメ 礼生 (24,PG・サンロッカーズ渋谷)

渡邊 雄太 (23,SF・-)

馬場 雄大 (22、SF・アルバルク東京)

玉木 祥護 (21、PF・筑波大学)

平岩 玄 (20,C・東海大学)

シェーファー アヴィ 幸樹 (20、C・ジョージア工科大学)

八村 塁 (20,SF・ゴンザガ大学)

テーブス 海 (19,PG・ノースカロライナ大学ウィルミントン校)

田中 力 (16,SF・IMGアカデミー)

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ