加藤浩次、体重超過で山中慎介を破ったネリに激怒「連勝記録を守りたかっただけ」

2018年3月2日9時19分  スポーツ報知
  • ネリと戦う山中

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(48)がMCを務める2日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)に生出演し、1日のボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(35)=帝拳ジム=を破った体重超過で王座を剥奪されたルイス・ネリ(23)=メキシコ=に「自分の連勝記録を守りたかっただけ」と切り捨てた。

 加藤は、試合後に山中が「自分が弱かっただけ」とコメントしたことを受け「ボクもそのコメントを尊重したいという気持ちもあるんですけど、あえて言わせてもらいますよ」と前置きした上でネリの体重超過に「2階級違うわけです。全然違うから。だから階級分けってあるわけですよ。パンチが全然、違うわけだから。これを許してしまったら階級分けの意味がまったくない。これだとボクシング自体が衰退するんじゃないのと思ってしまいます」と断じた。

 さらに「だってネリ選手は自分の連勝記録を守りたかっただけ。それだけのためですよ。それだったら、チャンピオンベルト別にいいよ、返上してもいいよ、自分は連勝記録でいくからって。ミドル級王者の村田選手も言っています。計量失敗やドーピング違反の選手は2度と使わないぐらいにしないと競技は衰退するまで言っているんですよ。ここは厳しく絶対にしないと、こういうことは多々、起きてきているんです、ボクシング界でも。これ本当に見るモチベーションがなくなりますし」と示した。

 さらに「山中選手の奥さんが言ったことがすべてだと思います。主人の努力が何だったんだろうと思う。あれだけ努力してきたのが何だったんだ。減量の苦労もしないで出て来たヤツにやられて何だったんだってボク本当にそう思います」と憤っていた。

 それでも最後に「山中選手は逃げずによく頑張ったと思います。お疲れ様って言いたいです」と山中を讃えていた。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ