設楽悠太、日本勢トップの2位「反省点は特にない」…丸亀国際ハーフマラソン

2018年2月5日7時0分  スポーツ報知

 ◆香川・丸亀国際ハーフマラソン(4日・丸亀市のPikaraスタジアム発着)

 陸上の香川・丸亀国際ハーフマラソンは4日、丸亀市のPikaraスタジアム発着で行われ、男子は昨年9月にチェコで1時間0分17秒の日本新を出した設楽悠太(26)=ホンダ=が1時間1分13秒で日本勢トップの2位。「満足いく結果。反省点は特にない」とうなずいた。

 強さを示した。飛び出した村山謙太(24)=旭化成=を追う展開。折り返し後は向かい風、雪と厳しい条件も「苦しみはしたが、よく走れた方」と8キロ手前で捉えた。「気持ちの余裕度に差があった」と3位の村山謙も脱帽だ。

 1月の全日本実業団対抗駅伝や都道府県対抗駅伝で区間賞を獲得するなど絶好調。25日の東京マラソンに向け「順調だが残り3週間、何があるか分からない」と冷静に話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)