リオ金メダル、競泳・金藤理絵が現役引退を決断

2018年3月8日7時30分  スポーツ報知
  • 16年リオ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵

 2016年リオ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストで、同種目の日本記録を持つ金藤理絵(29)=Jaked=が7日、現役引退を発表した。この日、日本水泳連盟に引退届を提出、16日に会見を行う予定だ。

 金藤は08年北京五輪7位。09年に自身初の日本記録となる2分20秒72をマークしたが、腰痛などに苦しみ、12年ロンドン五輪は出場を逃した。16年4月の日本選手権で2分19秒65の日本記録を樹立して臨んだ2度目の五輪で、競泳女子の日本勢として12年ぶりの金メダルを獲得。最年長27歳11か月でのメダリストとなった。

 1日約2万メートルを泳ぎ込む猛練習が代名詞。男子代表並みのベンチプレスで75キロを複数回上げる屈強な体を作って世界の頂点に立った。しかしリオのレース直後には「東京五輪は競技者として携わることはない」と発言し、2020年には32歳となることもあって進退を熟考中だった。

 五輪後は昨年4月の日本選手権を始め主要大会には出ず、結論を先送りに。恩師の東海大・加藤健志監督からは「まだ伸びしろがある」と激励され、世界記録への挑戦などをモチベーションにして東海大を拠点に練習を積んできた。東京五輪について「最終目標になる可能性もなくはない」と含みを持たせたこともあったが、ついに決断した。今後についてはかねて周囲に「小、中学生に五輪に出たいと思ってもらえるような活動がしたい」と話しており、指導者の道を含め、検討する模様だ。

 ◆金藤 理絵(かねとう・りえ)1988年9月8日、広島県生まれ。29歳。東海大卒。16年リオ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダル。同年11月、広島県民栄誉賞を受賞。ストレス解消法は映画を見て泣くこと。好きな食べ物はフルーツとチョコレート。175センチ、64キロ。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ