立川志らく、伊調馨パワハラ問題に「栄本部長を叩きすぎている」

2018年3月8日11時29分  スポーツ報知
  • 栄和人氏

 落語家の立川志らく(54)が8日放送の「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演し、レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(33)=ALSOK=がパワーハラスメントを受けたとされる問題について告発された日本協会の栄和人強化本部長(57)について週刊誌などの報道が「栄本部長のことを叩きすぎるんですね」と示した。

 志らくはパワハラ問題を「まだ事実が明らかじゃないから」とした上で「伊調選手としては栄本部長を叩くのが目的ではなくてもしパワハラがあったならば、練習ができるように心を改めてもらいたいなってぐらいのことだと思うんですよ。それが今、人格攻撃にまでなってるから」と指摘した。

 その上で栄氏が「コーチの仕事は恋愛感情でやるんだって過去に言ったことがあると。そうすると、それはおかしいんじゃないかと。セクハラの問題で訴えがあるなら、別なんだけど。事実として訴えはないわけでしょ。恋愛感情のように選手を育ててるんだって。それはその人のやり方だから。今、そこまで攻撃し始めるでしょ。この人は何やってるんだって。栄本部長はって、こうなってるから。問題がずれてきてる。今は疑惑なんだから人格攻撃をするんじゃなくて。一番大事なのは伊調選手が五輪に向けてちゃんと練習できるようになればいい。それだけのことなのに大騒ぎしすぎなんですね」と持論を展開していた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ