サニブラウン、14年ぶり2冠!自己新20秒32で200Mも世陸内定

男子200メートルで優勝したサニブラウン(右、左から2位の藤光、3位の飯塚)

6月26日 06:00

◆ロンドン世界陸上選考会 陸上日本選手権最終日(25日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子200メートル決勝で、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が自己新の20秒32(追い風0・3メートル)で優勝し、17年ロンドン世界陸上代表に内定。10秒05で制した100メートル(24日)とあわせ、03年大会の末続慎吾以来、14年ぶりの短距離2冠を達成した。既に参加標準を突破済みで3位となった飯塚翔太(26)=ミズノ=も、代表入りが有力となった。各種目の代表は、26日に正式発表される。  続きを読む…

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ